ハードディスクのデータ復旧の対処法と業者の選び方

長期間の保管が可能

ディスク

これまでに制作した動画コンテンツを、ビデオテープで保管している企業もあるでしょう。しかし、劣化してしまい見ることができないケースもありますので、DVDにダビングして保管することをオススメします。

もっと見る

業者を比較できるサイト

HDD

毎日使用しているパソコンですが、突然起動しなくなるトラブルが発生する場合があります。特に会社のパソコンには大切な情報やデータが多く保存してあり、失ってしまうと大きな損害になることもあります。取引先との契約も打ち切られるかもしれません。ですから、何としてもハードディスクのデータ復旧をしないといけません。

ハードディスクのデータ復旧方法は、大きく分けると2通りあります。「自分で復元する方法」と「業者に依頼して復元してもらう方法」の2通りです。自分でも復元することは可能です。専門的な知識があり、復元の経験がある社員がいる場合は「自分で復元する方法」を試してもいいかもしれません。その方がコストを抑えて修理することができるからです。ですが問題は専門知識を持っている社員がいない場合です。専門知識がない社員が修理してしまうと、ハードディスクのデータ復旧が不可能になるかもしれませんし、状態が悪化する可能性もあります。ですから「業者に依頼して復元してもらう方法」を選択しましょう。

ハードディスクのデータ復旧を行なっている業者は多くありますので、業者の比較サイトを参考にして選ぶといいかもしれません。業者ごとのサービスや特徴をまとめているサイトも存在しているために、業者選びで悩んでいる社員の判断材料になります。費用で選ぶのか、実績で選ぶのか、スピードで選ぶのか決めておくと、トラブルが発生したときでも冷静に対処することができるでしょう。まずは落ちついて、ハードディスクのデータ復旧業者に連絡することが大事です。

専門的な知識が必要な修理

メンズ

多くの企業が仕事でパソコンを使用していますし、大事なデータや情報を管理するツールとしても利用しています。ですがちょっとしたことで起動しないこともあります。専門知識が豊富なデータ復元業者に依頼して修理してもらいましょう。

もっと見る

コミュニケーションツール

Eメール

社内だけでなく、クライアントや顧客とのやり取りも現在はメールで行なうこともあります。そのため、使いやすく操作も簡単にできるメールが重要です。ウェブメールを使用することで、ブラウザ上でメールの確認や送受信が可能になります。

もっと見る